ついつい食べ過ぎちゃう…を無くせる「食べ順ダイエット」を成功させるコツ

上から見た食事のイメージ

ダイエット中の食事制限はなかなか辛いもの。過度なカロリー制限中に「突如として遅いかかる荒々しい食欲に負けてしまった」なんて経験はありませんか?リバウンドの危険と紙一重の食制限をするのなら、好きなものを好きな順番で食べるのではなく、食べる順番を意識してみませんか?

食べ順を変えるだけで本当に痩せるの?

食べ順ダイエットは継続して行う事で少しづつ痩せていきます。「食べる順番」を意識して食べる事は、スレンダーなスタイルを保っているモデルさんも行なっている効果的なダイエット法。ですが、ハッキリいって即効性はありません。「お米とおかずのコラボレーションが何よりの幸せ!」という人には辛いダイエット法でストレスがたまって逆に太ってしまうかもしれません。

数字のイメージ

食べる順番を変えるとダイエットできる理由

食べ順ダイエットは普段通りの食事の食べる順番を変えます。食事の食べる順番で栄養の吸収や満腹感が変わるからです。

  1. 血糖値の上昇が穏やかになる
    主食である、ごはんに含まれる糖質を摂取すると急激に血糖値が上昇し、インスリンというホルモンが大量に分泌されます。インスリンは、血中の糖を肝臓や筋肉に運びます。その糖は体のエネルギーとして使われますが、使い切れずに残ってしまった糖分は脂肪として体に溜め込む性質があります。食べ順ダイエットはご飯を最後に食べることでインスリンの上昇を穏やかにします。
  2. ゆっくり食べて食べすぎ防止
    はじめに低カロリーなおかずをゆっくりとよく噛んで食べることで満腹中枢を刺激します。ご飯を食べる量も自然と減るので摂取カロリーを抑えることができます。

食べ順ダイエットのやり方

お茶→汁物→野菜→おかず→ごはんの順番でゆっくり食べる

この順番で食事をします。汁もの、野菜からゆっくりとよく噛んで食べていくことで、血糖値の上昇をゆるやかにします。糖質が多く含まれているごはんは最後。同じ量の糖質を摂取しても、早く食べるほど血糖値が上昇するスピードは早くなってしまいます。ご飯もご飯だけ単体で食べます。

食べる順番の説明画像

《ポイント》
  1. お茶は湯のみの半分から1杯分を目安に
  2. 汁ものは具もしっかり噛むと○
  3. 野菜は5分以上かけてよく噛んで食べる
  4. おかずは、食べたものをエネルギーに変えてくれる良質なたんぱく質である肉や魚が○
  5. 主食は玄米、はい芽米、雑穀入りなど固い食感のものは少量で満腹感が得られる

成功するためには

食べ順ダイエットの口コミは、一ヶ月で5キロ痩せた!という人もいれば、効果が出ずに逆に太ってしまったという人もいます。食べる順番を変えるだけではなく、よく噛んで食べることと、食事の量を減らさなくてはいけません。いくら食べる順番を変えたとしても、早食いをしてしまえば血糖値の上昇を抑えられず、満腹感を感じるのが遅くなってしまうので食べる量自体も減りません。他のダイエットにも共通することですが、やはり食べる順番だけではなくカロリーにもそこそこ気を使うのも成功するポイントといえます。