真夏の火照り肌はスキンケアの前にまず「冷やす」こと!

頬に手を当てる女性

お肌のトラブルが多い夏。
夏の日差しと暑さが肌へ与えるダメージの大きさは想像以上!いつものスキンケアの前にプラスしたいのは「冷ケア」

夏のダメージ肌はまず冷やす!

夏は紫外線による日焼けだけではなく、塩分を含んだ汗や汗で溶けた化粧などで、いつも以上にダメージを受けています。日焼けは、肌が炎症を起こしている「やけど」の状態。「すぐに保湿しなきゃ!」と思いがちですが、その前に行ないたいのが「肌の冷却」です。

冷たいだけじゃない!冷ケアが重要な理由

日差しと熱を浴びた火照り肌のケアは、まず「冷やす」こと。強い紫外線などのダメージを受けたままの状態で普段のケアをしても、逆にそれが刺激となって肌トラブルを引き起こしてしまう可能性もあります。火照った肌をそのままにしておくと、メラニンの生成が抑えることができないので、シミになりやすくなってしまいます。肌を冷やすことは、肌の炎症を抑えること、シミの原因であるメラニンの生成を抑制する作用があるんです。

肌へのうれしい作用
  1. 抗炎症……炎症した肌の鎮静化
  2. シミの予防……メラニンの生成を抑制
  3. 肌と毛穴の引き締め効果……毛穴の引き締めて、肌のキメを整える

冷ケアのやり方

冷ケアはいつやるの?

外出時は化粧をした状態で行ってもOKですが、基本は夜のメイクを落とした後、朝の洗顔後など肌が清潔で化粧水などをつける前の状態で肌を冷却すると、血行もよくなるので、化粧水や乳液が角質層に浸透しやすくなります。冷ケアで肌の熱が鎮静化してから化粧水、乳液など普段のスキンケアを行ないましょう。
海やプールで体の日焼けが気になる時は熱を持っている箇所に冷ケアをしてあげることで同様の効果が得られます。

冷ケアのやり方

肌をクールダウンさせる方法はいくつかありますので、やりやすい方法でケアをしてみてくださいね。肌の火照りが強い時はコールドタオルはすぐに体温でぬるくなってしまので何本か用意しておくと良いですよ!

  • コールドタオル

    あらかじめ冷蔵庫に水で濡らしたタオルをラップでくるんだ冷却したタオルを顔にのせる

  • 氷をそのまま肌に当てるのは刺激が強すぎるので、濡れタオルに包むorビニール袋に入れたもの

  • 保冷剤

    保冷剤も冷たすぎるものは氷同様刺激が強すぎるのでタオルなどで包む

お手軽すぎるけど効果は大!夏の肌トラブルはまず何よりも冷やすことから始めてくださいね!