体によくても歯には最悪…。『酸蝕歯』にならないように気をつけたい事

歯のおもちゃ

「酸蝕歯(さんしょくし)」という言葉を聞いた事がありますか?
酸蝕歯を簡単に言ってしまえば「歯が溶ける」症状で、虫歯、歯周病と並ぶ歯の疾患です。食生活や食べ方が引き起こす生活習慣病でもあるので、様々な角度から生活の改善が必要になります。

人ごとではない「酸蝕歯」

酸蝕歯とは「酸」の力で歯の溶けてしまい、最悪の場合、歯がなくなってしまうおそれもあります。歯の表面は白いエナメル質に覆われていますが、酸によって侵食されると内側の象牙質がむき出しになります。象牙質はエナメル質よりもろいため、次第に歯が溶けて無くなる危険性が…。

溶けるイメージ

それNG!酸蝕歯を進行させるダメ習慣

酸酸蝕歯の恐ろしいところは、美容や健康のために「よかれ」と思って行っている習慣が酸蝕歯を招いたり、酸蝕歯の進行を加速してしまう可能性があります。そのため、健康意識、美意識の高い真面目な人ほど酸蝕歯になってしまう傾向があるみたい。

酸性度の高いの食べ物の飲食

酸っぱい食べ物は疲労回復やリフレッシュなどの効能があるので、美容や健康のためにはとてもいい食材。ですが、酸っぱい食べ物を食べ過ぎは歯を溶かしてしまう原因となってしまいます。酸っぱい食べ物というと、お酢を使った食べ物、飲み物や酸味の強い柑橘系にフルーツなどを想像すると思いますが、普段の食生活の中には酸がいっぱい潜んでいます。酸性度×酸性度の食べ物やおやつの組み合わせは酸蝕歯を進行させるので、食事や味付けの組み立ては気をつけたいですね。

《食べ物》
お酢を使った料理、フルーツ、梅干し、ドレッシング、マヨネーズ、酢昆布やグミなどの酸味のあるおやつ
《飲み物》
炭酸飲料水、スポーツ飲料水、お酢のドリンク、栄養ドリンク、アルコール類(日本酒、梅酒、ビール、チューハイ、ウィスキー、ワイン)、コーヒー

オレンジを食べる女性

口の中に酸を長くとどめない

酸度が高いものを口の中に長くとどめる食べ方、飲み方はおすすめできません。酸が長時間歯のエナメル質に触れて酸蝕歯になりやすくなってしまいます。口に含んでから時間をかけて飲食する習慣の人は改善した方が良いですね。

レモンジュースのイメージ

食後すぐの歯磨きはダメ!

酸度の高いものを飲食したからといってすぐに歯磨きするのは危険です。酸の刺激をうけている歯をすぐに歯ブラシでこすってしまうとエナメル質が傷ついてしまいます。アルカリ性である唾液が口内を中和してくれます。気になる場合はお水で口をすすいでください。歯磨きは30分くらい時間をおいてからするようにしましょう。

洗面台の歯ブラシのイメージ