抜け毛に頭痛…ポニーテール、引っ詰め髪はほどほどに!

髪を結ぶことで頭皮にダメージを与えてるって知っていますか?髪を頻繁に結んでいる方は少し頻度を抑えたり、結び方を変えた方がいいかも。

髪を結ぶと痛い…

髪を結んでいて、「頭皮が痛い」と感じたことはありませんか?髪を結ぶのは、ファッションや邪魔にならないようにという理由だと思いますが、どうしても髪を引っ張って引っ詰めて結んでしまいますよね。そうなると、引っ張られた頭皮や髪の生え際に強い刺激とダメージを与えて、頭皮環境が悪化してしまいます。

ポニーテールの女性

薄毛、抜け毛

髪を毛を引っ詰めたヘアスタイルは、牽引性脱毛症(けんいんせいだつもうしょう)を引き起こしてしまう可能性があります。頭皮への圧迫が多い部分から少しずつ毛量が減っていってしまうので、髪と頭皮を強く引っ張って結ぶポニーテールや、編み込みなどのヘアスタイルが多いという人はちょっと危険。

血行不良と髪質の劣化

髪を適度な力で一時的に引っ張ってあげると、頭皮の血行促進に効果がありますが長時間の引っ詰め髪は頭皮の血行不良を招いてしまいます。頭皮は髪の毛を作る工場のようなもの。頭皮の血行が悪くなると、髪の毛へ十分な栄養を送れなくなり、細く痩せて抜けやすい髪質になってしまうのです。

頭痛

偏頭痛、慢性頭痛など頭痛にも色々な種類がありますが、ポニーテールをしている人によく見られる症状で、ポニーテール頭痛というものをご存知でしょうか?これは長時間髪が引っ張られた状態が続くと、先に述べたように血行不良が起こり頭痛を引き起こしてしまいます。

フケ、かゆみ

血行が悪いと頭皮が乾燥して固くなり、フケやかゆみといった症状も出てしまいます。洗っても洗ってもフケが出てくるという人は頭皮が極度に乾燥している証拠。特に乾燥肌の人は髪を強く結ぶヘアスタイルは避けたいところ。

対処法

普段からポニーテールや引っ詰め髪をしてるという人は、頻度を抑えたり、結び方を工夫した方が髪の為には安心!

三つ編みの女性

時々ほどいてあげる

仕事などで髪を結ぶ必要がある人は、休憩時間やお昼休みなどに髪の毛をほどいて、マッサージなどをしてあげると、悪化した血流が改善して、頭皮へのストレスを減らすことが出来ます。

結ぶ位置を低くする

髪を結ぶ位置を低くするだけでも、毛根や頭皮への負担を軽減することが出来ます。

結び方を工夫する

ゴムで結ぶ時は頭皮をグッと引っ張りすぎるのはNG!引っ張り過ぎず優しく結ぶことを意識しましょう。また、同じ結ぶのでも、ゴムを使うのとクリップやバレッタを使うのとでは髪や頭皮の引っ張り具合が変わってきます。ゴムを使うと強い力が一点に加わってしまうので、優しく髪を束ねることの出来るクリップやバレッタがおすすめ。

引っ詰め髪や、ポニーテールはかわいいですが、やり過ぎには注意してくださいね!