ダイエットが捗る!冷凍庫にスタンバイさせておきたい食材はコレ!

料理をする女性

ダイエット中は、日々作る食事のカロリーコントロールも色々と工夫が必要になってきますが、仕事終わりの買い出しや料理でヘトヘトに疲れてしまうとストレスも溜まってしまいますよね。

食材の買い出しも欲しいと思った時にいけるとは限らないので、買える時にまとめ買いをして冷凍庫にストックしておけば重宝するハズ!

肉類

鶏肉

お肉類は、牛肉、豚肉、鶏肉、羊肉、どの種類も冷凍ができますが、おすすめは、なんといっても、鳥の胸肉!鳥肉の部位でも高たんぱく、低カロリーな、ささみ肉、むね肉はダイエット中に重宝する部位ですが、むね肉は、ささみ肉よりも安く、特売の時などは100g40円代でゲット出来たりと家計にも優しいのがポイント!
生のまま冷凍しても良いのですが、塩茹でしてスライスしてから冷凍すれば、調理時間がかなり短縮できます。スープや炒め物などにはそのまま放り込むだけでよし!サラダや和え物に使う場合は、自然解凍か電子レンジで解凍するだけでOK!

手作りサラダチキン

野菜・果物

野菜や果物も冷凍保存で賢くストックしましょう!ただ、じゃがいもやにんじんなどは冷凍すると食感が悪くなり美味しくないので、冷凍する野菜の種類には気を付けたいですね。

ゴボウ

食物繊維やポリフェノールがたっぷりのゴボウはダイエットやアンチエイジングのために日々取り入れたい食材のひとつですが、泥を落としたり、皮の処理が結構面倒。ごぼうは大きい切り方の場合は下茹でをして、ささがきゴボウなどの切り方の場合は生のまま冷凍しても美味しくいただけます。煮物やきんぴらなどの加熱した状態で冷凍しても大きく風味や食感は損ないません。

ゴボウ

青菜

青菜系のお野菜はアクが出るので加熱調理をしますが、いっきに下処理をして小分けに冷凍をしておけば使い勝手が◎ほうれん草や、小松菜、チンゲン菜などお安く売っている時にまとめて冷凍しておけば食卓に彩りと栄養をプラスすることが出来ますね。

青菜

きのこ

低カロリーで食物繊維きのこ類はダイエットに欠かせない食材のひとつですよね。そしてきのこを料理に使う時は、単独で使うよりも何種類かのきのこを使った方が、旨味も強くなり、ダイエットやアンチエイジングには効果的!意外にもぬめぬめとした食感が美味しいなめこも冷凍ができるんです!なめこは袋のまま冷凍できるので多めに買ってしまったらすぐに冷凍庫へ!

色々きのこ

フルーツ

夏になるとひんやりとしたアイスやシャーベットが食べたくなりますが、ダイエット中のアイスのカロリーは天敵です!「でも甘いものを食べたい」という時はフローズンフルーツにすれば、美味しく食べても低カロリー!ビタミンやミネラル補給もできるので最高のデザートになります。バナナやマンゴーぶどうにイチゴ、ほぼ全てのフルーツは冷凍しても美味しく食べられるのでビタミン不足が気になる人はフルーツを冷凍しておきましょう。

フルーツ

加工食品

こんにゃく

こんにゃくは日持ちがするので、冷蔵庫に保存してもoKですが、冷凍して「凍みこんにゃく」にすればまた食感が変わるのダイエットに役立つ一品となります。凍みこんにゃくをちぎって唐揚げにするとお肉とに近い食べ心地になります。ただ、シンプルな味付けは、噛み締めた時の「こんにゃく臭」が際立つので、濃いめの味付けがおすすめです!

こんにゃく

豆腐

冷凍した豆腐から水分が抜けることで、栄養が凝縮します。凍らせた豆腐は凍み豆腐といわれ、昔から重宝されている保存食。豆腐はパックから出して軽く水切りをしてタッパーやフリーザーバックに入れて冷凍しましょう。

豆腐

納豆

冷凍すると納豆菌が死んじゃうんじゃない?と思いますが、我々が思うより納豆菌はやわじありません。夏は常温で1時間ほど自然解凍すればいつも通りの納豆として美味しく頂けます。冷凍した粒納豆を包丁で叩いてあげれば、解凍時間が短縮されるのと、ネバネバなしにひきわり納豆風に状態にすることができますよ!パックのまま冷凍出来ますが、冷凍庫から取り出してすぐに納豆丸ごとを取り出そうとすると、発泡スチロールの部分も一緒に取れてしまうことがあるので、その点は注意しましょう。

納豆

おから

スーパーやお豆腐屋さんで購入する生おからは結構ボリュームがありますよね。使い切るまでおから三昧になってませんか?おからはフリーザーバックなどに小分けに冷凍保存をしておくと、かさ増しレシピに重宝します。

おから

冷凍保存をマスターできれば、料理に費やす時間やストレスも減るので一石二鳥!なかなか自炊する時間が取れないという方は冷凍食材を上手に活用してダイエットやヘルスケアに役立ててくださいね。