長引くの唇の乾燥と皮剥けを早く治すためにするべき事は…?

乾燥した唇

唇が乾燥して皮剥けが起こってしまうのは乾燥する季節の悩みに思いますが、実は唇の乾燥に悩んでいる女性はかなり多いのです。そして乾燥した状態が続くと、症状が悪化し、唇の皮剥けを繰り返すようになってしまいます。リップケアも大切ですが、まずは唇の乾燥や皮剥けになっている行動はしていませんか?

清潔にする

触らない

まず第一に「触らない」ということが一番大事。皮剥けを日々繰り返している人は無意識に触ってしまったり、こすって剥いてしまたりします。

唇の皮は薄く、皮脂腺がほぼありません。皮を剥くと、綺麗になったように感じますが、唇の深部を更に傷けることになってしまいます。唇を触ることや、皮剥きを続けてしまうと、いくらリップケアをしても乾燥や皮剥けの悪循環を続けることになってしまいます。もし癖になっているようであれば、「唇を触らない」ことを意識してください。また、お風呂に入った時にも極力剥かないように気を付けてくださいね。

唇は人と接する時にはとても気になる部分ですよね。乾燥がひどく、皮がめくれかかっている場合は特に気になって剥いてしまうという方もいると思います。そういった場合は、マスクの着用や、めくれている部分だけハサミでカットするなど、唇に負担のかからないように調整をしましょう。

唇に指を置く女性

舐めない

唇を舐めることは良くありません。唾液には保湿する成分がなく、塩分や消化酵素が含まれているので、舐めることで唇に大きな刺激を与えてしまいます。また、唇の舐めることでわずかな油分を取り去ってしまうので、唇の乾燥を加速させてしまうのです。

付けない

食事の後は唇を清潔にしていますか?

香辛料が効いた辛い食べ物や塩分は唇への刺激が強いので、そのままにしてしまうと皮剥けの症状が悪化してしまう原因となります。唇についた食べ物や飲み物の成分は極力落とす!食事のあとはお水で唇の表面をかるくすすぎ、清潔なハンカチでやさしく水分を拭き取ってあげましょう。
パイナップルやキウイなど食べ物アレルギーで唇の炎症が起きる場合もあります。食べ物アレルギーの場合はピリピリとした刺激があると思うので、いつも食べ終えて口がピリピリをする食材の摂取は控えましょう。

落とす

口紅は寝る前にきちんと落とせていますか?
唇のシワは縦に入っているので、口紅やリップクリームがきちんと落としきれていないことがあります。口紅には香料、保存料、着色料などいろいろな成分が入っているので、皺の線にそってくるくるとやさしくクレンジングをしてください。また、添加物の入ったリップクリームもそのままにしておくと唇の荒れの原因になりますのでご注意が必要です。メイク落としや洗顔料、歯磨き粉なども唇に残らないように、すすぎの徹底をしてください。

口紅や添加物の入ったリップクリーム、メイク落としの成分も強い刺激になるので、乾燥やめくれが治ならいうちはどれも控えた方が無難です。

恐ろしい唇


リップクリーム

唇の乾燥対策で使っているリップクリームも使い方、選び方によっては唇の乾燥を悪化させてしまうことがあります。敏感肌の人は注意したいところ。

塗りすぎ

肌のターンオーバーのサイクルは約28日に対し、唇のターンオーバーのサイクルは約5日といわれています。しかし、リップクリームを塗りすぎてしまうと、唇の粘膜の代謝を妨げ、粘膜の修復機能が低下してしまいます。1日にリップクリームを塗る回数は多くても5〜6回にとどめてくださいね。

塗り方

リップクリームを塗ること自体が唇への刺激になってしまうので刺激を極力少なくするには「縦に塗る」こと。唇のシワは縦に入っていますよね。横にグリグリとリップクリームをスライドさせると引っ張ることになってしまうんです。

使用期限

今使っているリップクリームはいつ買ったものですか?
リップクリームの成分の大半は油分でできています。油は空気に触れると酸化し活性酸素が発生してしまいます。それに加えて。リップクリームは少なからず唾液に触れてしまっているので、雑菌が繁殖と増殖がしやすい環境なのです。もし今使っているものが半年前や、一年前のリップクリームであれば使用を控えましょう。

成分

リップクリームにも界面活性剤、香料、着色料、保存料などが使われています。また、成分を中に「ミネラルオイル」というものが入っているものが多いと思いますが、このミネラルオイルは石油を精製したもので、「鉱物油」というくくりになります。

肌の敏感な方はリップクリームに添加されている成分や、鉱物油で肌に炎症を起こすこともあるので、色々努力しても乾燥が治らないという方は、紫外線の当たらないで多く過ごす場合はオリーブオイルや、ホホバ油などのナチュラルな油使ったり、外出時にはSPF機能がついた無添加、鉱物油フリーのリップクリームを選択してみては?

リップクリームを塗る女性



生活改善

栄養素

唇が乾燥すると、直接的なケアに走ってしまいがちですが、偏った食生活を送っていると肌や髪も荒れるように唇も荒れてしまいます。肌や粘膜をなどの細胞の生成や合成をする栄養をきちんと摂取しましょう。また、飲酒や喫煙、レトルト食品の摂りすぎは、せっかくビタミンや亜鉛などの体に良いビタミンや亜鉛などの栄養素を摂取しても体の中で解毒や消費のために使われてしまうので、特定の栄養素をたくさん摂取するという考えではなく、栄養バランスの整った食事を心がけましょう。

《ビタミンB群》

胚芽を含む穀類や肉、魚、乳製品に多く含まれる
ビタミンB1、ビタミンB2が肌や粘膜に良いといわれていますが、ビタミンB群は単独で摂取するのではなく、ビタミンB群をバランスよく摂った方が効果を発揮しやすいという特徴があります。

《ビタミンA》

肉、魚、乳製品、人参やパセリなどの緑黄色野菜に多く含まれる
皮膚や粘膜の健康を維持してくれる作用があります。比較的不足はしない栄養素ですが、不足が気になる場合は、体の中でビタミンAに変わベることができて、抗酸化作用もあるベータカロテンを多く含む緑黄色野菜やスイカなどを摂ると良いですね

《亜鉛》

魚介類、肉、ナッツ類、穀物などに多く含まれる
亜鉛は皮膚や粘膜になる訳ではありませんが、亜鉛にはたんぱく質の分解と合成をサポートする作用があり、亜鉛不足になると細胞の生成がうまくいかなくってしまいます。亜鉛は意識しないと不足することと、アルコールで消費されてしまうので、積極的に摂取してください。

睡眠

睡眠時間が十分に取れないと、細胞を修復してくれる作用のある成長ホルモンの分泌量が少なくなってしまうので、粘膜の修復する力や速度も低下してしまいます。理想の睡眠時間は7時間といわれていますが、誰もが7時間の睡眠を取れる訳ではありませんよね。最初の3時間に深い眠りにつくことで、肌細胞の合成や修復をしてくれる成長ホルモンがスムーズにの分泌されるので、眠りが浅いと感じている人は、ぐっすりと眠れるような環境づくりが必要となります。

さいごに

唇の乾燥や皮剥けは症状の回復に時間がかかります。気付けた時にすぐに対処することが大切。
色々な面で工夫をしても改善しない場合は皮膚科の受診やアレルギーの可能性もあるので、アレルギーテストをおすすめします。

この唇の乾燥、皮剥けは「何をどうすれば治るのか」というものがまだはっきりと解明されていないので、皮膚科を受診しても治るという保証はありませんが治せる可能性は広がります。出来るだけ詳細な情報(経過観察や処置方法、使用した薬品、クリームなど)を揃えてから皮膚科を受診した方が、医師が判断する材料が増えます。

また、「漢方で改善した」という方もいるようなので、相談が出来る専門の漢方薬局があれば、漢方の処方をして貰うのも1つの手段です。