自宅で出来る!セルライトを撲滅する3つの鉄則!

太もものセルライトをつまむ女性

肌の露出が増える夏が近づくと、気になるのは「セルライト」
ボコボコとした凹凸のある肌はどうしても気になってしまいますよね!今回は憎きセルライトを自宅で撲滅できる方法をご紹介します。すぐには解消しないものなので、是非今日からセルライトケアを始めて見てくださいね!

セルライトって?

セルライトの正体は体内の蓄積してしまった水分や老廃物が絡み合ってコラーゲンで固まった頑固な脂肪。一見なにも無いように見える肌の部分でも少肌を押してスライドしてみると、ボツボツとした凹凸が表れますが、セルライトが蓄積して肥大化してしまうと、ボコボコとした表皮になります。

皮下脂肪より頑固なセルライト

セルライトと皮下脂肪と違い、固定されずに浮遊しているという点。浮遊しているセルライトに、水分や老廃物が出るとどんどんと絡み合って大きく、目立つようになっていくのです。この脂肪をコラーゲン線維が包み込んで、強固にコーティングしてしまっているので、セルライトは皮下脂肪よりも出来やすく、落としづらいのです。

セルライトのつきやすい場所は?

セルライトは皮下脂肪の多い場所につきやすく、太もも、下腹、二の腕、お尻は油断するとすぐにセルライトができてしまいます。一見セルライトが無いように見える手首やふくらはぎなども、ギュッ〜と絞ってみると、小さなセルライトが顔をだします。

太もものセルライトをつまむ女性

自宅で出来るセルライト撃退法

セルライトが気になってからケアを始めてもすぐに効果は表れません。そしていきなり過激なケアをしてしまうと、脂肪細胞を分裂させてしまい、より強固なセルライトになってしまう可能性があるので、コツコツと毎日ケアをすることが大切です!
また、運動だけでセルライトを撲滅させることは不可能なので、運動、食事、マッサージを組み合わせることが、セルライト撲滅への一番の近道です。

温める

冷え性やむくみの症状など、体内温度の低い人は血流が滞り、水分や老廃物を貯めやすいので、まずは体内温度を上げることが大切です。

有酸素運動+無酸素運動

ウォーキングや水泳、ヨガなどの有酸素運動とダンベルなどの無酸素運動を組み合わせると、筋肉量を増やし、脂肪を燃やて、代謝を上げることが出来ます。セルライトをマッサージしてから運動すると、より効果的です!

食べ物

冷たい飲み物や体を冷やす食べものは控え温かい飲み物や、体を温める食べ物を積極的に摂るようにしましょう。野菜には、体を冷やす作用のある野菜と体を温める作用のある野菜の2種類があります。土の上に出来る野菜は体を冷やす作用があり、土の中で出来る野菜は体を温めてくれる作用があります。お肉では赤身などの脂肪分が少ないお肉は体を温めてくれますが、脂肪分の多いお肉は体を冷やすとされています。生姜やネギなど体を温めてくれる薬味なども一緒に取り入れれば、冷えをなくし代謝しやすいボディメイキングができます。

ほぐす

セルライト対策に最も重要と言えるのがこの「ほぐす」作業!
一度出来てしまったセルライトはほぐしてあげないと話になりません、かといって力一杯潰してしまうと肌の組織や毛細血管を傷つけてしまいます。適度な力で押したり、絞ったりして硬くなったセルライトをほぐしていきましょう。外出時でも手が空いている時は太ももや二の腕など冷えている部分をさすってあげるのも良いですよ。

ツボ

まずは、足の裏、手のひら、爪の付け根など、ツボが集中している部分をマッサージしてからセルライトマッサージを始めると血流がよくなるので、マッサージの効果を高めることができます。

マッサージは付け根から!

気持ちがいいと感じるくらいの力で付け根から上に向かってマッサージをしていきます。お腹やお尻などは肉を持ち上げるイメージでマッサージします。手や足は気になる部分をマッサージしてから、雑巾を絞るようなイメージで、軽くねじります。何もつけない状態でマッサージをしてしまうと、摩擦で肌を痛めてしまう可能性もあるので、マッサージオイルやクリームなどを使ってケアをするのがベスト。

マッサージオイル

ながす

ほぐしたセルライトはリンパの流れに沿って流してあげます。

リンパの流れのイメージ

プラスα

セルライトケアにはアイテムを使うとより高い効果を得ることができます!

コロコロ

百円ショップでも購入できる表面に凹凸があり、肌の上でコロコロ転がすマッサージアイテムは肌に程よい刺激を与えることができるので、マッサージの時やお風呂の中でも活用出来ます。指でつまむんでしまうと力を入れすぎてしまうことがあるので、強くつまみすぎてしまう人はマッサージアイテムを使いましょう!

ターボセル

ターボセルってご存知ですか?
昔からあるシェイプアップ専用の発汗パンツなんですが、これがセルライトや下半身のむくみにかなり効果があります。ターボセルを履いてウォーキングをすると、尋常じゃないほど発汗するんです!

ターボセルの内側は「銀波」という凸凹のコットン生地になっていて、歩いているだけで銀波の摩擦で肌へのマッサージ効果が得られます。ゴムの加圧も結構強いの、履いている間は姿勢もよくなり、階段の上下はかなり体力を使うので、履いて運動をした期間は本当に足がスッキリと細くなります。

セルライトは普通にケアするだけでは落ちづらいので、「背に腹は変えられん!」ということで、毎年夏が近くとセルライトをダンボールの奥から引っ張りだして使ってます。安いものでは無いのですが、履いて運動や家事をする習慣をつければ、早ければ3〜4日でほっそりしてきたかな?と実感出来ると思います!

さてさて、メリットばかりじゃございません、ターボセルにも、もちろんデメリットがあります。ターボセルは発汗量がすごいので長時間履き続けるとあせもになってしまったり、ゴムも使われているので、肌に合わない方はも湿疹などができてしまう可能性があります。くわえてゴム臭い…!これがまた臭いんだな〜(笑)
そして汗もをたくさんかくので毎回手洗いをしなくてはならないのが面倒です。

ターボセルを履いてウォーキングをするとどれくらい体重が変わるんだろうと素朴な疑問が生まれたので、計測してみたところ、40分のウォーキングで−0.6Kg減(ターボセルロング着用)でした。減ったのは水分なので、水分を摂ったら元にはもどりますが、体温も上昇して代謝も上がるので、継続して着用することで痩せやすい体質になっていきます。はっきりいってお値段は高いですし、肌がかぶれてしまう人もいるかもしれませんが、ゴム臭くても暑くても構わないという美の勇者にはおすすめです。

出来てしまったセルライトはすぐに落とすことが出来ないので、ケアの積み重ねが大切ですね。