【スマホで副収入】スマホの写真をストックフォトでお金に変えられる!?

スマホをいじる人

最近はスマートフォンで撮影した写真でも、ストックフォトに登録して副収入としている人も増えているのではないでしょうか?
「儲かる!」と思っても始めてみても全然ダウンロードされずに挫折してしまう方も結構多いんですよね。では、スマホで撮影した写真をDLされやすくするにはどうしたら良いんでしょうか?

サイト選び

国内、国外のストックフォトサービスは多くありますが、サイト毎に売れる写真の傾向に違いがあります。(使用しているユーザーが違うので当たり前っちゃ当たり前ですが…)

多くのサイトはクリエイターの登録者数も多く、プロのカメラマンの撮った素敵な写真も目移りするほどたくさんあります。

そして審査もあるので、基準に満たない写真は公開されずに日の目を見ることすらできません。最近はスマートフォンのカメラの画質が上がっているとはいえ、やはりプロやセミプロの方がデジガメ、一眼レフで撮影して構図や光など思考を凝らして調整をした写真と比べるとどうしても見劣りしてしまいます。写真1つで書籍やサイトの制作物の出来栄えが変わるので、選ぶ側は結構シビア。

誰だってクオリティの低い作品にわざわざ金銭を支払いたくはないですよね。下記2社がスマホで撮影した写真がDLされやすいサイトだと考えています。

スナップマート

スナップマートはアプリをダウンロードをしてスマホから写真を登録できるのでスマホ一台あれば全てが完結というサービス!スナップマートで売れる写真の傾向は「若者・インスタ映え・日常」といったところです。

いわゆる「インスタ映え」的な今風の写真が売れやすい傾向があるので、「インスタやってるよ!」という方はスナップマートがおすすめ。審査も無いので、フリマ感覚で写真を出品できます。

審査が無いのでスムーズに登録・出品ができる反面、マイナス面としては「著作権・肖像権の侵害」人物の映っている写真は、「映っている人物から許可を取って撮影しました」という「モデルリリース」が必要となりますが、スナップマートではモデルリリースが無い「これアウトやん!」って写真が結構あったりします。

小さくても許可を取っていない知らない人の顔が写り込んでいたり、うしろ姿でも個人特定ができてしまうような写真は通常他のサービスでは審査で落とされます。購入する側からしても「これモデルリリース取得していないけど使って大丈夫?」と、不安材料になってしまいます。

企業のロゴマークや商品などの著作物はに関した写真は、権利保有者しか購入ができないクローズド販売という形態になるので、クローズド販売になる写真はほぼ「売れない」と考えてよいでしょう。、スナップマート出品されている写真をザーッと見て、購入回数が多いような題材や雰囲気の写真を投稿していくのが効率的。売れなければ一円にもならないので期待しないで修行と思った方がいいかも。売れたらラッキー、コンスタントに売れるようなら才能あるかも!私は惨敗→撤退です(笑)

Photo AC

ACワークスが運営する写真素材サイトで、こちらもスマホから登録ができます。Photo ACに登録されている写真は一眼レフ、デジカメ、スマホ、イラレフォトショを使った画像の4種類ですが、スマートフォンで撮影した写真でも結構ダウンロードされます。その理由は「敷居の低さ」

無料でダウンロードできる素材サイトもありますが、ストックフォト形式のダウンロードサイトは一枚ダウンロードする毎に料金が発生したり、決められた枚数をダウンロードできる定額プランなどが多いなか、Photo ACは無料ダウンロード会員で1日10枚まで、有料のダウンロード会員で無制限なので、クオリティが低くてもダウンロードされやすいんです。

ただ、1回のダウンロードで得られる報酬は2.75円と爆安(2018年6月現在)
スマホの写真なら、登録枚数が数百枚位だと月に数千円いけば良い方です。Photo ACの売れる写真の傾向は「ブログネタ・ビジネス・背景」といったところで、合成などに使える素材の写真や、ブログやニュースなどネットの記事に使える写真などはニーズがあります。
人物写真はもちろん高確率でダウンロードされますし、通常1ダウンロードが2.75円なのに対して、モデルリリース取得の人物写真の場合は2倍近くの5円もらえる!(爆安…もう少し出せ!(笑))

私もPhoto ACに写真を投稿していますが、色々な不具合や謎も多いです。ですが、他では絶対に売れないであろう写真がなぜだか売れるのでまずは「腕試し」という感じで使ってみるのがおすすめ。気をつけたいのはアップロードした写真に関しての著作権はACワークスになり、その写真で問題が生じた際は、責任の所在は投稿者という、かなりふざけた利用規約。審査はありますが、この審査も精度が低いので投稿する場合は色々と注意が必要。

ダウンロードされやすくするには?

スナップマート、Photo ACともにスマホで手軽に写真が投稿できますが、売れなきゃ話になりません。サイトで人気のありそうなジャンルや傾向を調べることも大事ですが、「売れる写真」にするためには、カメラロールの写真をポンと適当に登録するだけではダ〜メ〜!

縦と横

写真は縦に長い縦型と横に長い横型がありますが、投稿する写真は「横型」がオススメ、むしろ横型だけでいきましょう。

色々な媒体で使われている写真ですが、使う側からしたら「横型」の方が断然使いやすいのです。紙媒体の場合は縦でも横でもある程度レイアウトを調整出来ますが、webで使われている写真はほとんどが「横型」の写真です。「縦型」の写真をページや記事に投入すると横にスペースが出来て、ページの見栄えが悪くなってしまいます。

かといってわざわざ編集するのも面倒なので、いくらその写真を気に入ったとしても、似たような横型の写真を探してダウンロードされてしまいます。合成用だったり、どうしても縦でなければ収まらないという場合はもちろん縦でも大丈夫ですが、「加工せずにそのまま使う写真」に関しては「横型」の一択で良いと思います。

画像補正

スマホで撮った写真でも画像の補正をするだけでクオリティが格段に上がります。スマホの写真編集系のアプリでも補正は出来るのでパソコンがなくても大丈夫!

おすすめのアプリは、あのアドビが出している写真編集ソフトのフォトショップが無料で使えるという神アプリの「PhotoshopFix」

有料のパソコン版よりは劣りますが、トリミング、ぼかし、色調補正、ゴミ取り、変形など、写真のクオリティを向上に必要な基本的な機能が使用できます。慣れないうちは時間がかかるかもしれませんが、慣れてしまえば素早く画像補正ができるので、投稿した写真がなかなかダウンロードされないという人は是非写真の補正をしてみてください。

人気の写真作品は余計なゴミが写真にない、色調が明るい、色被りがない、メインの被写体以外はぼかしが入っているなど、ある程度加工がされています。

App Store
Google Play

タグ

タグ登録もかなり重要!写真を登録する時にタイトルやジャンルとともに検索ワードに反応する「タグ」の登録もします。

いくらいい作品でも探し出せなければ埋もれたままになってしまいます。写っているメインとなるもののワードはもちろん、それを連想させるワードの登録も重要!タグが多ければ多いほど、探して貰いやすくなります。

例えば「りんご」の写真を「りんご」「果物」「赤」「フルーツ」「アップル」だけで登録したらそのワードで検索した人しか写真を見つけることは出来ません。そこで「甘い」「真っ赤」「品種名」「食べ物」「斑点」「旬」など、りんごを連想させるワードを盛り込んであげると、もっと見つけて貰いやすくなる訳です。ただ、多くの人が投稿しているサイトなのでワードを入れて出てくる画像は山ほどあるので、写真を選ぶ時に関連性のない写真が出てくると、ユーザーとしてはかなりイラつきます。

以前Photo ACで「夜景」というワードで画像を探していたところ、最初のページに「ラーメン」が出てきてイライラMAXになった記憶があります。写真に関連がないワードや、関連しているけど要素が薄いワードを入れるとユーザーに嫌われますし、最悪アカウントを凍結される恐れがあるので関連性があるタグを広くタグ登録しましょう。最初のうちは色々な人のページでどんなタグを付けているのかを見てみるのがいいですね。

「下手な鉄砲数打ちゃ当たる」
写真を登録する枚数が増えれば増えるほどダウンロードされる確率も上がります。人によってイメージするものは大きく違うので、色々な写真を多く登録してみると、ニーズがある写真やジャンルの分析もしやすくなります。数を増やすことで写真も上達するので、より良い作品が出来ます。加えて、あなたのファンもどんどん増えて認知度も上げることができるので、難しく考えずに「今自分が撮れる写真」をコンスタントに投稿していきましょう。

スマホでストックフォトで副収入に繋げるのは結構大変ですが、登録すれば数も増えますし、写真の腕もどんどん上がるので「写真がうまくなりたい」「作品を公開したい」という人であれば写真の練習にもれなく対価があるかも的な考えで良いと思いますが、ストックフォトでウハウハチャンスを狙っている人は、他の副業を探しましょう!