デトックスしやすい体作りは「デコルテほぐし」が超重要!

リンパマッサージというと足や太ももなどを連想しますが、体に溜まった老廃物を流すリンパマッサージで重要なのは実は「デコルテ」部分なんです。

老廃物とは

そもそも老廃物が何で体に溜まってしまうのでしょうか?
老廃物と聞くと添加物や有害な重金属などの物質と思われがちですが、筋肉を使った時に出る老廃物「クレアチニン」などもあります。食生活や添加物に注意をしていても、老廃物は必ずしも出るものなんです。

食事で摂取したエネルギーを消費させるには血液が全身に酸素を供給してカロリーを消費するわけですが、この燃焼したエネルギーの「燃えカス」がいわゆる老廃物といわれているもの。

この老廃物の排出される流れは二酸化炭素とともに静脈から心臓へ戻ります。多くの老廃物は、便や尿、汗という形で体外へ排出されるのですが、静脈に乗りきらなかった老廃物は体内を巡るリンパ管、リンパ液を通じて心臓へたどり着きます。

血液は心臓の強力なポンプ作用により全身を巡る血管ををスムーズに循環できますが、リンパは、心臓のポンプ作用ではなく筋肉の収縮によって循環をしています。この動きは血液循環と比べて非常に遅く、流れも弱いため、体の下部に溜まりやすい性質をもっています。
このような理由から、リンパの流れが悪いと足がむくみやすいといわれています。

リンパマッサージ

リンパの流れが悪くなると、老廃物が体の中に溜まってしまいます。前途した通り、リンパは心臓のポンプ作用の恩恵は受けず筋肉の収縮で循環するので、運動などで筋肉の収縮を促せばリンパの流れが良くなりますが、外部から刺激を与えてリンパの停滞を解消して循環を促すことも出来ます。リンパをマッサージして循環をスムーズにすることで、むくみの解消や基礎代謝がアップします。

リンパの流れのイメージ

リンパマッサージのポイントは「デコルテ」

リンパの最終地点が「鎖骨リンパ節」

さて、リンパを巡る老廃物は足や太ももなどの下部に溜まりやすいので、足や足裏のマッサージも重要なのですが、最も重要といえる部分は「デコルテ」部分なんです。
首回りのデコルテ部分は心臓へと老廃物を運ぶ、いわば「最終地点」といえます。このリンパの最終出口である「鎖骨リンパ節」の流れが詰まってしまうと、リンパから出た老廃物をうまく排出、代謝をすることができません。

「鎖骨リンパ節」の場所

鎖骨リンパ節は、鎖骨の上のくぼんだ部分に分布しています。左右の鎖骨の両方に鎖骨リンパ節があるのですが、実はこの鎖骨リンパ節は左右で循環しているリンパ線が異なります。左右どちらの鎖骨リンパも重要な役割があるのですが、特にむくみやすい下半身のリンパを司っている左側の鎖骨をほぐしてあげることが一番重要!

《左右の鎖骨リンパ節の役割》
  • 左鎖骨リンパ節顔、上半身の左側、下半身
  • 右鎖骨リンパ節顔、上半身の右側、上半身

デコルテライン

「鎖骨リンパ節」のマッサージ

鎖骨の上のくぼみを指の腹を使ってほぐすようなイメージで優しくマッサージをします。リンパの滞りが強い場合は少し押しただけでも痛みを感じます。老廃物は日々流してあげることが重要なので、毎日少しの時間でもこの鎖骨リンパ節をほぐしていくと、老廃物の溜まりにくく、排出しやすい状態になります。

全身のリンパマッサージをすることは大切ですが、毎日行うのは結構大変です。ですが、鎖骨リンパ節はすぐにマッサージができる重要な部分なので、デコルテ部分は毎日マッサージでほぐしやすいので、是非簡単なデコルテマッサージを習慣にしてみてくださいね。