夏は甘酒!甘酒は江戸時代から飲まれている栄養剤!

冷やし甘酒

最近は夏でも「甘酒」や「冷やし甘酒」を目にすることが増えてきましたよね。甘酒は古くから飲まれている飲み物ですが、寒い冬に飲むイメージがありませんか?
ですが、「夏に甘酒を飲む」という習慣は今に始まったことではなく、その歴史は江戸時代にまでさかのぼるんです!
では夏に甘酒を飲むことのメリットとは一体何なのでしょうか?

夏に甘酒?

甘酒は「飲む点滴」

甘酒は、水に酒粕をよく溶いて、砂糖と塩で味付けをした白くとろみのある飲み物で、別名を「甘粥(あまがゆ)」とも呼ばれています。甘酒は飲む点滴と表現されることがありますが、それは一般的な栄養剤と含まれている成分が似ていることにあります。

甘酒にはブドウ糖をはじめ、アミノ酸やビタミンB群、食物繊維などで疲労回復や夏の疲れた肌にも有効な成分が含まれているので、夏バテや熱中症の予防に効果的な飲み物といわれています。

甘酒は「夏の季語」

今と違って江戸時代は安全な飲用水が不足してしまうこともしばしばあったようで、夏になると多くの「甘酒売り」の商人が町を練り歩き甘酒を販売していたといいます。そのため、甘酒は俳句では夏の季語として使われているんです。水分補給と栄養補給が出来る甘酒で江戸の人々は夏の暑さから身を守っていたということですね。温めた甘酒も冷やした甘酒も飲まれていたということで、蒸し暑い中で温かい甘酒を飲めない!という方は冷やして飲むのがおすすめです。

甘酒の種類は2種類

「甘酒」として一般的に知られているのは酒粕を使ったものですが、実はもう1種類「米麹」を使った甘酒もあるんです。

アルコール分

まず、アルコール分に関して、酒粕から作った甘酒は微量ですが、アルコール分が含まれているためアルコールの弱い方は飲めない場合があります。自分で作る場合はしっかりと加熱をしてアルコール分を飛ばす必要があります。一方米麹のアルコール分は1%未満なので、アルコールが飲めない方は米麹が安心です。

カロリー

酒粕の甘酒、米麹の甘酒はカロリーも若干異なります。米麹の甘酒の方が酒粕の甘酒よりもカロリーは約1.3倍高いのですが、誤差の範囲なので取り立てて気にする必要はないでしょう。

同じ甘酒でも「酒粕」から作ったものと、「米麹」から作ったものでは味も全く違います。これは好みがハッキリ別れる部分で「酒粕」から作った甘酒の風味に慣れている人は米麹で作った甘酒を初めて飲む方には違和感があると思います。米麹の甘酒は麹の発酵した風味が強いので、元々「麹の風味」が苦手という方にはあまりおすすめできないかなぁと思います。