毒が怖いっ!!海で毒性の生き物に刺された時の対処法

シュノーケルをつけた人

夏だ!海だ!マリンレジャーだ!
楽しい夏の海ですが、悩ましいのは海の危険生物!その種類も1つや2つではないのが厄介なところですよね。そんな時の対処法をまとめました!あくまで素人で出来る「応急処置」の範囲なので、安静にして症状が悪化してきたと感じたらすぐにでも医療機関で受診をしてくださいね!

有毒生物と接触した場合

海には様々な生き物が生息していますが、共通して行った方がいい応急処置、NGな応急処置があるのはご存知でしょうか?「せっかく応急処置をしたのに逆効果になってしまった」なんてことにもなりかねないので、海の生き物の毒への対処法は事前に把握しておくのが○

OK処置

海水で洗い流す

患部に毒針やクラゲの触手などを付いたままにしてしまうと、症状が悪化してしまうおそれがあります。まずは海から上がり、患部に海水を静かに流しかけます。ダイナミックにジャブジャブと海水をかけてしまうと、毒の刺胞を刺激してしまう可能性があるのです。真水を使ってしまうと、毒が浸透し更に腫れや痛みが悪化してしまうので真水は絶対に避けましょう。

素手で触らない

海水で洗い流した患部に触手やヒレなどが残っている場合にピンセットを使うなどして、素手で触らずに取り除きましょう。ピンセットを持ち合わせていない場合は、ハンドタオルなど、使えるもので対処をしましょう。

温める or 冷やす

海洋生物の毒の成分はタンパク質で、温めるか冷やすかすると毒の活動を弱めることができます。温める場合は60度といわれている場合がありますが、正直それはそれは辛いです…(経験済)。お湯をかけるのが一般的ですが、これは痛さと熱さで涙が出ます、号泣できます。

もしお湯をかける場合は、我慢できるお風呂のお湯程度の温度で大丈夫かと思いますので、決して無理はされないようにご注意ください。
冷やすことも効果的ですので、氷など患部を冷やせるものが入手出来る場合は、そちらの方がおすすめです!

塗り薬

ステロイド系の軟膏や、抗ヒスタミン系の軟膏を患部に塗と炎症を抑えてくれる作用があります。虫刺されの時に塗る「ムヒ」は誰もが一度は使ったことがあるのではないでしょうか?実はムヒは抗ヒスタミン成分が配合されているので、虫さされだけでなく、クラゲなどの毒にも有効なので1本持っておくと安心です。同じ虫刺され薬でも「キンカン」にはステロイド、抗ヒスタミン成分は含まれていないので成分表示を確認してから購入しましょう!

《これはNG》

OKな対処法があるので、もちろんNGな対処法もあります。昔はこうしろと言われていたものも実はダメだったりするので、もし間違えて覚えていたら新しい記憶に書き換えてくださいねっ!

  1. 真水で洗う(毒素が体内に浸透しやすくなります)
  2. 浜辺の砂で擦る(刺胞を刺激することになり危険)
  3. お酢をかける(アンドンクラゲ、ハブクラゲには有効)

気をつける場所

まず、海藻の多い浅瀬などは、鋭利な岩で怪我をする可能性があることや、毒性のある生き物が潜んでいる可能性があります。磯に入る時は、とにかく「足を守る」ことが大切!マリンシューズがなければ、普通の靴下や足袋などを履くだけでも全然違います。
磯は海藻や小石どが多く、もし危険生物に接触してしまっても、「何に接触してしまったか」というのが分からない場合が多いのが厄介。

私は海が大好きで、夏になるとよく岩場の海へ行くのですが、一度、海藻の多い磯で「何か」に足を甲に毒針のようなものを「グサッ」っと刺され、悶絶した記憶があります。未だに何に刺されたのかは不明ですが、ドラゴンボールに出てくるフリーザの尻尾をぶっ刺されたかのような印象でした…。この時の痛みがアカクラゲ、アンドンクラゲに刺された時よりも一番辛かったなぁと今でも思います。懲りないやつです…。とにかく、岩場や磯はどはぴったりと足の甲と裏を覆えるようなものを履きましょう!

沖、遊泳ゾーン

クラゲ

まず、海で気をつける生き物といえば定番の「クラゲ」は外せませんね。
海水浴場で遊泳時に発見・回避しやすいのは水クラゲくらいではないかと思います。同じクラゲでも水クラゲと同じくらいによく出没する「アンドンクラゲ」は大きさも5cmほどと小さく発見がしずらいので、触手が皮膚に付着した時の痺れで「痛い!」と、ようやく刺されたことに気付くことになるのです。湘南や逗子など、透明度の低い海では刺され易い傾向がありますので、海中がある程度見通せるくらいの水質の海が良いと思います。

昔からお盆を過ぎるとクラゲが増えると言われていますが、海水温が上がるとクラゲが多く発生するので、このところはお盆以前の7月からクラゲがよく出ますので「絶対刺されたくない!」と思うのであれば、ラッシュガードの着用をおすすめします。

《水クラゲ投げのやり方》

もしミズクラゲと接近戦になってしまった時の対処法です。水クラゲ半透明なのでとても見つけやすいです。もし近くにいた場合は逃げても波の具合で刺されそうな場合には…私なら捕獲して遠くに投げます!もしミズクラゲに遭遇して、回避が難しい場合は「クラゲ投げ」をマスターしておくと役立つはずです!今の所成功率は100%です。

  1. ミズクラゲのお椀のような頭の部分に手の平をのせる
  2. 手の平をくるっとひっくり返す
  3. 渾身の力で遠くに投げる

クラゲとお酢

毒性の生き物と接触した場合の応急処置で基本的にお酢は使わない方が無難ですが、アンドンクラゲ、ハブクラゲにはお酢が有効に作用するので、もし刺されたクラゲの種類が判明する場合のみ、患部にお酢をかけて対処をしましょう。
カツオノエボシという青いクラゲ(厳密にいえばクラゲとは異なる生き物)にはお酢は逆効果で、その強烈な毒を浸透させてしまい、生命の危険も脅かされることもあるようなので注意が必要ですね。

クラゲの種類 イメージ 危険度 出没時期 お酢
水クラゲ 水クラゲ ★☆☆☆☆ 6月~8月 ×
アンドンクラゲ アンドンクラゲ ★★★☆☆ 6月~9月
アカクラゲ 赤クラゲ ★★★☆☆ 5月~11月 ×
ハブクラゲ ハブクラゲ ★★★★★ 5月~11月
カツオノエボシ カツオノエボシ ★★★★★ 3月~8月 ×

危険だから海へ行かないというのは悲しいので、もしものためのアイテムの用意やポイントを抑えていざという時に対処できるようにしておきたいですね!