夏はスマホも暑さ対策!スマホの「熱暴走」の予防と対処法!

携帯と炎のイメージ

連日続く猛暑でヘトヘトになってしまいますが、もしかしたらあなたのスマホもこの暑さで声なき悲鳴をあげているかも!?

スマホ熱くなってない?

スマートフォンを操作していると、スマホ自体が熱を持って高温になっていることがありませんか?
通常はスマートフォンの連続操作や、バッテリーの劣化によってスマホが異常に発熱することが多いのですが、スマホを暑い温度さらすことでも機器に熱をためこんでしまい、故障や劣化の原因となってしまうんです。

熱暴走

パソコンの場合は発熱した時は内臓のファンが作動し、心ばかりは熱を放熱してくれますが(心ばかりね…)、スマートフォンは大変小さく、内部は隙間が少ないため、溜め込んだ熱を放熱しにくい構造になっています。

普段操作をしている時などは熱くなったらすぐに手の平で温度の上昇が確認できますが、この夏の連日の猛暑、いや酷暑では操作をしていない時にも、スマホが熱くなる「熱暴走」という状態に陥ってしまう可能性が大いにあります。

熱暴走は、熱によってスマートフォンを動かしているCPUの動きが停止してしまいます。そのことによって、画面のフリーズや操作をしていないのに勝手にスマホのアプリや機能が起動したりしてしまう、いわゆる「ゴーストタッチ」と呼ばれる現象を引き起こしてしまう可能性があります。

このゴーストタッチはとても怖いもので、勝手にSNSのスタンプの連打がされたり、ひどいケースでは勝手に架電してしまうなど安易に放っておけない状態になってしまいます…。

スマートフォンのイメージ

熱暴走の予防法

なってからではもう遅い!大切なデータが多く詰まっているスマホが故障してしまうと日常生活にも大きな支障をきたしてしまうので、そうならないためには、普段の環境や操作方法が重要になります。いつものことだからと放置しないでできるだけスマホの負担を減らしていきたいですね。

高温多湿の場所に置かない

直射日光のあたる場所や高温の場所ではスマホが熱くなり、熱暴走のリスクが高まります。夏は海や川などレジャーをする機会も多くなりますよね。灼熱の屋外や、高温の車内やダッシュボードにスマホを置きっ放しにしてしまうことはもちろんNG!

屋外だと夏場の砂浜の表面温度は60℃〜70℃の高温にもなりますし、日中の車の中の温度は約50℃、日差しがダイレクトに照射するダッシュボードは70℃以上にもなるといいます。回避が難しい場面もありますが、直射日光の当たる場所は避けて、できるだけ涼しい場所に置いておきましょう。

屋内の外食においても、焼肉やお好み焼きなどの高温の鉄板を使用するものにも注意が必要です。鉄板の近くに置いてしまったり、鉄板にスマホを近づけて写真を撮ることでも、すぐに熱くなってしまいます!

充電中の操作は極力控える

充電しながらの操作はやってしまいがちですが、このこともスマホが発熱する大きな原因の1つ!スマホ本体のCPUなどの部品と、バッテリーがオーバーヒートしてしまうとスマホが発熱してしまう状態になってしまいます。充電しながら操作をすることは、バッテリーとCPUのフル稼働の状態になってしまい本体へ過剰な負担をかけてしまうのです。

バッテリーはリチウムイオンの電池を使用しているのですが、このリチウムイオンは意外にも熱に弱い性質を持っていて、40℃程度の熱でもバッテリーの消費が進んでしまうそうです。夏の日中の気温も40℃を超える日もあるので、熱の逃げ場がない中で充電しながらの操作は、もはやスマホにとっては拷問レベルの状態になってしまうわけなのです。

負担の大きい操作

スマートフォンインターネットやアプリケーションなど、様々な便利な機能や使い方ができますが、やはり連続で長時間使いすぎると発した熱を放出できないので発熱の原因となります。
長時間の連続操作をしないことにくわえて、重いwebページやアプリケーションなどは同時に起動しないことも重要です。また、画面の明るさを抑えめにすることで、バッテリーの消費を節約することができます。

発熱してしまったら…

いくら気を付けていても発熱を100%防げる訳ではありません。発熱に気が付いたらたらまずは、スマホの発熱を沈静化させてあげましょう!

アプリやwebの終了

オーバーヒートしている状態のスマートフォンで重いアプリやwebページは適切に終了しましょう。特に動画アプリなど、頻繁に通信をするものは、特に負担が大きくなります。

カバー・ケースを外す

破損防止のためにスマートフォンにカバーやケースを付けている方が大半だと思いますが、このカバーやケースがあることによって、発熱した熱は逃げにくくなっています。発熱を感じたら、カバーやケースは外して熱が放出しやすい状態にしてあげましょう。

風で冷ます

発熱してしまったら、その熱をすぐにアイスノンや冷蔵庫などで急激に冷やしたくなってしまいますが、温度差が大きいとCPUに結露ができて故障の原因となってしまう可能性があります。冷房や扇風機の風などを当ててあげると、何もしないよりは発熱の収束を早めることができます。最近はミニ扇風機を持ち歩いている人も多いと思いますが、スマホが発熱した時もミニ扇風機は使えますね!

電源を切る

発熱がどうしても収まらない時は、もうコレです。操作をしていない状態でもバックグラウンドではアプリケーションなどはデータ通信をしていて密かにパワーを使っている状態です。電源を切ってしまえば内部で発熱する要因の全てを絶つことができますね。

生活の中で欠かすことのできないスマートフォンも人間と同様に熱さ対策をしてあげたいですね!