海は100%髪の毛が痛みます。じゃあ、ダメージを減らす方法は?

砂浜に立つ女性

夏場は海水浴に行かれる方も多いと思いますが、海水は髪の毛への刺激が強くいので楽しい海のレジャーのあとは髪の毛のケアもしっかりとしてあげましょう!

海水は100%髪が痛む

海に入ったあとの髪は潤いがなくなり、パサパサとしてしまいますよね。マリンスポーツで海水に浸かることが多い方は、海水の影響で自然と髪の毛の色素が抜けて茶髪になっている方も多いんです。では、海が髪に悪影響を及ぼしてしまう要因は一体なんなのでしょうか?

摩擦や紫外線

海水で濡れた状態を太陽がサンサンと降り注ぐ外気に晒してしまうことでも髪へダメージを与えてしまうことになります。まず髪が濡れた状態になると、髪の表面を覆うキューティクルが開き、剥がれやすい状態になります。そこに、紫外線や海中の水中のプランクトンや砂、海藻など小さな物質が付着や摩擦でさらにキューティクルが剥がれてしまい、髪の艶が失われてしまいます。

髪の水分と成分が溶け出す

海水はもちろん塩分が含まれていていますが、この塩分を含む水が髪の毛につくと髪の毛の水分や栄養も抜けてしまうのです。
また、アルカリ性の成分はは髪の毛の表面のキューティクルを開かせる作用があり、それに、熱・酸素が組み合わさると髪の色素が抜けるいわゆるブリーチの状態になってしまうというわけ。

髪に悪影響を及ぼす成分

海水が髪に悪影響を及ぼすといわれている成分はいくつかありますが、一番大きな要因とされているのが「塩化マグネシウム」と呼ばれる成分です。これは主に豆腐の凝固などに使われている「にがり」に多く含まれています。

この、にがりは豆乳を凝固させ、豆腐をつくる用途で用いられていますが、海水には塩化マグネシウムをはじめとする「にがり」の成分は約3%含まれています。髪の毛といえは「キューティクル」がよく知られている部分ですが、実は髪の毛の大半はキューティクルの下にあるコルテックスという層が多くの割合を占めています。このコルテックスはしなやかな髪質を保つために非常に重要な層なのですが、塩化マグネシウムにはこのコルテックスの「ケラチン」という成分を固めてしまい、放置をしてしまうと、更にこのケラチンが流出してしまうのです。

髪の断面構造

前後のケアが重要!

海には髪の毛にマイナスな要因しかないことがお分かり頂けたかと思いますが、海、行きたいですよね!私は絶対行きたいです!ならば、出来るだけ受けるダメージを減らすことを心がければ良いのです。

海に入る前

ちょっと面倒でも、まずは家を出る前から対策をしておけば髪の毛の受けるダメージを少なくすることができます。
頭は人間の一番高い位置にあるので、一番紫外線を受けやすい部分でもあります。髪の毛が紫外線を受ける量は顔の3倍以上といわれています。紫外線のダメージを受けるとキューティクルが剥がれやすく、髪の水分も抜けてパサパサになってしまいます。

海に行く時だけではなく、普段の生活でも紫外線の強い時は、洗い流さないトリートメント→髪にも使えるスプレータイプの日焼止め→帽子などのアイテムを使うことで紫外線、海水からのダメージを軽減することができます。また、ロングやセミロングの髪の長さの人は海に入る前に髪を結ぶと、余計な摩擦を抑えることができます。

海から上がったら

海から上がったら、なるべく早めに洗髪すること!これにつきます。塩分が髪の毛や頭皮に付着したままの状態になると、髪の栄養が流出してパサパサの髪の毛になるだけではなく、頭皮の炎症や抜け毛にも繋がってしまいます。

そして早めに洗うことはもちろん、優しく洗う事も大切!普段のシャンプーでもコルテックスは流れてしまっているのですが、海から上がった状態は普段よりも髪の毛が傷んでいる状態です。ガシガシと強くこすってしまうと、さらにコルテックスが流れ出し、洗い方によってはさらに髪質の悪化させてしまう可能性があります。髪を洗う時は髪同士での摩擦を極力減らすよう、水流で丁寧に塩分や不純物流してあげましょう。

海に入ったら確実に髪は濡れますし、髪の事ばかりきにしていたらせっかくの海も楽しめませんよね。なので、海を満喫するには海に入る前後のケアをしっかりとしてあげましょうね!もし、「髪を傷めたくない」ということを最優先するならば、もはや海はやめて川に行きましょう。