低すぎもダメ!「低コレステロール」に潜む危険とは?

血液のイメージ

高コレステロールは危険というのはよく耳にすることなので気にされている方も多いと思いますが、実はコレステロール値は低すぎることでも体調不良や精神面に大きく影響があるんです。特に脂質を大幅にカットしたダイエットを行ってる人は注意が必要になります。

コレステロールって何?

コレステロール値が高くなるのは危険ということはよく耳にしますが、そもそも「コレステロール」とはなんぞや?と疑問に思ったことはありませんか?
コレステロールは脂質の一種で、からだの細胞膜の維持をしたり、ホルモンの生成や消化吸収をするための材料となるもので血液中の「リポタンパク質」という物質の中に存在しています。

2種類のコレステロール

コレステロールは「善玉コレステロール」と「悪玉コレステロール」の2種類に分類されますが、正式名称は下記となります。血液検査の表などがあればチェックしてみてください!

HDLコレステロール(高比重リポタンパク) 善玉コレステロール
LDLコレステロール(低比重リポタンパク) 悪玉コレステロール

悪玉コレステロールも必要

悪玉コレステロールと呼ばれることのある「LDLコレステロール」ですが、LDLコレステロール自体は実は「悪」ではなく、酸化したり、糖と結合することで体に悪い作用をもたらすことから「悪玉」と例えられているようです。

コレステロールは脂質なので、過剰に摂取しすぎてしまうと肥満やそれに伴う動脈硬化などの病気になってしまいますが、コレテロールの摂取量が少なく、体内のコレステロール値が低すぎる場合も注意が必要となります。


低コレステロールで起こる症状

LDLコレステロールの役割

LDLコレステロールは臓器や器官動かすための大切な材料の1つで、脳、ホルモン、細胞膜や、脂肪を分解するために必要な「胆汁」の材料にもなっています。では、LDLコレステロールが低くなると、具体的にどういった症状があらわれるのでしょうか?

精神疾患

LDLコレステロールは、さまざまなホルモンの材料になっています。一言にホルモンといてっても、全身の機能を大きく関わる性ホルモンや、血液の値をコントロールしてくれる甲状腺ホルモン、副腎皮質で生成され、ストレスの緩和をしてくれるコルチゾールとさまざまな種類のホルモンがあるのです。
ホルモンの材料となるLDLコレステロールの摂取量が少なくなってしまうと、感情のコントロールが効かず衝動的になり自立神経失調症や、うつ病など精神的に不安定になってします。症状が悪化すれば自殺行為に及んでしまう人もいるといいます。

代謝

肝臓は代謝や解毒・エネルギーの貯蔵といった役割をしていますが、肝臓はLDLコレステロールを材料にして「胆汁」の生成もしているんです。肝臓で生成された胆汁は「胆のう」で貯蔵されます。この胆汁には、消化酵素を生成して脂肪の消化吸収の力を強くしたり、コレステロール値のバランスを整えてくれる作用などがあります。LDLコレステロールが不足すると、消化に必要な胆汁が充分に生成することができないので、脂肪を分解しずらくなってしまいます。油分を控えめにしているのに、体重が減らなかったり、胃もたれを起こしてしまったりといった症状が出ていたら、適度な油分が摂取できるような食生活をこころがけていきたいところ。

ウイルス耐性

ウイルスに負けない体を作るためにもLDLコレステロールは必要不可欠な要素で、血管をはじめとした体の細胞膜の合成の材料となっています。LDLコレステロールが不足すれば、もちろん細胞の強度は低くなり、ウイルスや細菌と戦う力が弱まってしまいます。

数値の目安

LDLコレステロールの値に関しては高い値に関しては指標がありますが、低い値に関しては指標がありません。上の値に関しては厚生労働省が下記のように定義しています。

LDLコレステロールの値が140mg/dl以上、HDLコレステロール値が40mg/dl未満、中性脂肪値が150mg/dl以上の場合に、脂質異常症と診断されます。
e-ヘルスネット 厚生労働省

血液検査は頻繁に行うものはないので、検査では一時的な数値しか分りませんので、脂質の摂取が過剰な人は抑えることがもちろんですが、過激なダイエットで脂質の摂取量を極端に抑えている人は適度に脂質も摂取するような食事バランスをこころがけていきたいですね。