寝苦しい夜は半袖短パンよりも「パジャマ」の方が快適に眠れるって本当?

寝ている人

日中はもちろん、夜も気温があまり下がらず寝苦しい夜が続いていますが、みなさんは夏バテしていませんか?クーラーや扇風機などで室内を適温することも大切ですが、寝る時の服装も体感温度を下げるためには重要になってくるんです。

肌の露出を増やすと寝苦しくなる?

薄着になれば体感温度は下がり、涼しく感じますが、寝ている時は肌の露出が多ければ多いほど寝苦しく感じてしまうということをご存知でしょうか?これは「湿潤熱」によるものなのです。

湿潤熱

湿潤熱とは、固体の表面に液体が接触した際に生じる熱のこと。
一見するとわかりづらいですが、寝ている人間に当てはめてしまえば分かりやすいと思います。

汗をかく→布団が汗を吸収→布団に湿潤熱が生じる→暑い!

汗

こういったサイクルにより、敷布団や掛け布団に熱がこもりむしむしとした寝苦しさが増してしまうということになります。

着衣と裸の温度差は約2℃!!

この湿潤熱についての温度の変化については実際に実験も行われていて、パジャマを着用して寝た場合と、衣服を一切着用せずに寝た場合の布団の中の温度を測定したところ、衣服を着用せずに寝た場合はパジャマを着用して寝た場合よりも、約2℃も高い温度となることが判明しています。

人は寒い冬でも寝ている間にもコップ1杯ほどの汗をかくと言われていますが、夏はそれ以上の発汗があることが容易に想像がつきますよね。また、寝る体勢も仰向けやうつ伏せなどは肌が布団に接触する面積が多くなるので湿潤熱も増えてしまいます。

「暑いと寝つきが悪い」という方は、布団に入って寝付くまでは横向きで寝るというのも暑さを軽減する対策の1つとなります。肌の露出が多ければ多いほど、布団が吸収する汗も多くなりますので、寝苦しさを増すだけでなく、汗によって雑菌の繁殖も懸念されるので寝る時は着衣をして寝た方が良いですね。

パジャマ選びも重要

服を着れば何でも良いというわけではなく、やはり「吸水性」と「通気性」の良いパジャマを着用するということが重要です。色々な素材を使ったパジャマがありますが、夏に特におすすめなのは、吸汗性や通気性が特に優れている麻(リネン)素材のパジャマ。さらっとした着心地で生地からひんやりとした涼感も感じることが出来るので、夏のパジャマの新調を考えている方は是非「リネン」のパジャマにしてみませんか?