詐欺被害が急増中!佐川急便にユニクロetc…偽サイト、偽SMSには気を付けて!

禁止看板のイメージ

最近、日本の大手企業を名乗る偽のSMSや偽サイトによって被害が拡大しているとのことですが、毎回こういったニュースを見ると「ふざけんな!」と激怒している次第です。年々手口が巧妙になっているので、みんなで情報共有と注意換気をしていくことが重要ですね!発信源は中国とのことです(怒)

佐川急便からのSMS…?

不在連絡

インターネットを使ってショッピングされる方も多いと思いますが、最近佐川急便を名乗るSMS(ショートメール)によって個人情報が抜き取られ、自分の名義で勝手に買い物をされるなどの被害が拡大しているようです。

手口はスミッシング

SMSに佐川急便を名乗る番号から、SMSに不在連絡というものが入ります。記載されているURLにアクセスをして、アプリのダウンロードをしてしまうと個人情報が抜き取られてしまうスミッシングという手口です。

アプリのダウンロードをしてしまえば、自分の名義で不正に買い物される金銭的な被害に合ってしまう可能性があることだけではなく、盗まれた後に個人情報が消去されることや、盗まれた個人情報の番号からスパムのようにこの「不在連絡SMS」が不特定多数の人に送信されてしまいます。


本物と偽物の見分け方

佐川急便の不在連絡はE-mail

まず、佐川急便は不在連絡をSMSでは行なっていません。不在連絡が来るのは登録したE-mailです。佐川急便を名乗るSMSが来た場合速攻で削除してしまいましょう。残しておくと誤操作でアクセスをしてしまう可能性があります!佐川急便だけではなく、SMSで受信したメッセージにあるURLへのアクセスや電話番号への折り返しは危険です!

「サイト」の違い

今はSMSでこの詐欺手法が横行していますが、引っかかる人が少なくなってくれば、奴らも新しい手を打ってくるかもしれません。容易に考えつくのが「連絡方法の変更」です。今はSMSで不在連絡というかたちで偽サイトのURLを送りつけてきていますが、今後はEメールに偽の不在連絡と偽サイトのURLを添付してくるかもしれません。公式の佐川急便の不在連絡もEメールなので、奴らは手口を変えてくる可能性も充分にありえるので、たとえEメールでも注意をしてください!

見た目の違い

サイトの作りはかなり巧妙に似せていますね。佐川急便公式サイトでは「お荷物お問い合わせサービス」として、お問い合わせ送り状ナンバーを入力する部分ですが、偽サイトの場合は「インストール」というボタンになっています。

公式→お問い合わせ送り状NO.
偽物→インストール

アドレスの違い

まず、公式と偽物ではアドレスが違います。知っていればアクセスはしないと思いますが、知らないとアクセスをしてしまう可能性があります。親族、知人の方に出来るだけ周知をしていきたいですね!

公式→sagawa-exp.co.jp
偽物→sagawa-kk.com

佐川急便詐欺の比較

もしダウンロードしてしまったら…

アプリの削除・パスワード変更

ウイルスバスター等、コンピューターのセキュリティソフトで知られるトレンドマイクロ株式会社は、こういった偽あのアプリケーションをダウンロードしてしまった場合には、アプリの即時削除と、スマートフォンで設定しているパスワードの変更の必要があると注意喚起をしています。

ウイルス対策アプリ

また、ウイルス対策アプリケーションの導入や更新の必要性もあるということです。

今回の記事では、被害が急増しているという偽佐川急便からのSMSを取り上げましたが、グーグル、ドコモ、ユニクロ、日本郵政などの偽SMSの詐欺もあります。また、Eメールでは三井住友銀行や楽天を装ったフィッシングメールの被害もありますので、スマートフォン、パソコンを問わず普段利用している企業でも、添付されているアドレスからリンクをクリックするのではなく、検索エンジンを使用して公式ページにアクセスすることが大切ですね。