これさえ覚えておけばOK!重曹掃除で抑えておくべきコト

スプーンに載った重曹

ーー環境や体に優しく、家庭の中の掃除で活躍してくれる「重曹」ですが、なんでも重曹を使ってしまっていませんか?重曹は確かに掃除や洗い物に活用できますが、重曹を使ったがために痛んでしまうものもあるんです…!

掃除に重曹!

重曹は「重炭酸曹達(ソーダ)」の略称で、その正体はといえば「炭酸水素ナトリウム」という物質です。重曹は化学反応で作られるものもありますが、自然界の天然石を粉砕しても作られているのでナチュラル志向の方や、赤ちゃんがいらっしゃるご家庭でも安心して使えるということが特徴です。近年、洗剤の代わりに重曹を代用される方が増えていて、重曹=万能といったイメージを持っている方も多いのではないかと思います。ですが、重曹にも向き不向きがあるので重曹が適さない素材に使用してしまうと、素材を痛めてしまう可能性があります。

重曹が得意なコト

重曹はアルカリ性

まずは掃除の中で重曹が向いているものは、酸性の汚れです。具体的にはキッチン回りや洗濯など、油脂が絡む掃除に効果を発揮します。同じ汚れでもアルカリ性の汚れである石鹸カス、水垢、便器の黄ばみには酸性のクエン酸が効果を発揮します。

  • 野菜洗い(農薬を落とす)
  • 油汚れ/こげつき/食器洗い(茶渋など)
  • 手垢/排水溝
  • 洗濯/風呂掃除/生ゴミの消臭

重曹が適さないもの

マルチに使えると思われがちな重曹ですが、適さないものも勿論あります。それは先に述べた石鹸カス、水垢、便器の黄ばみなどのアルカリ性の汚れや、アルミや銅などの金属と天然素材です。これらに重曹を使ってしまうと変色や劣化を引き起こしてしまう可能性があるので充分に気をつける必要があります。

  • アルミ・銅…変色
  • 畳などの天然素材…変色
  • フローリング…艶がなくなる
  • 木・白木・竹製品…(粒子で傷つく/白木は黒ずみも生じる)
  • 漆塗り…漆が剥げる

ざっくりまとめると、重曹の効果が少ないのはアルカリ性で、天然、金属素材は劣化してしまうということですね。掃除との時にはとりあえず「重曹」となりがちですが、とりあえずこの点を抑えておけば重曹を使って上手に掃除ができますね!